様々な用途に活用される巾着のオリジナルアイテム

様々な用途に活用される巾着のオリジナルアイテム

巾着という品物は、世界では日本で初めて誕生したバッグです。
戦国時代に発祥の起源があり、元々は戦場で兵士が兵糧を持参するためのものでした。
口を絞ることで中身が落ちることもなく、しっかりと持ち歩くことができるわけです。
今ではアジア圏では日用品として活用をされており、食品などを持ち帰る袋にしています。
日本でも幅広い世代・性別の方が愛用をしていて、需要が高いものです。
会社などでは自社のPR商品でノベルティを用意しており、2000年以降はオリジナル巾着を作って配布をされています。
簡単に様々な用途で活用をされているオリジナル巾着を、ご紹介しましょう。
まずはホテルではブラシや歯ブラシ・タオルのセットを入れる袋にしているものです。
アミューズメントパークだと購入した品を入れる包装となり、背中に背負えるように長い紐をつけています。
フィットネスジムなら貴重品入れとなり、ノベルティー以外でも活用の幅があるものです。

オリジナルの巾着を素材を選んで作ってみよう

巾着は和装だけではなく日常正解でも使いやすいので、オリジナルのデザインで作成することが出来ます。
巾着の素材を選んでおくと、オリジナルの柄や素材でいろいろな雰囲気で作ることが可能です。
巾着はお弁当などを入れることが出来るので、自分でハンカチなどを使って作成する人もいます。
自分好みのものを作れば、お弁当の時間も楽しくなります。
巾着はお祭りなどで浴衣に合わせたり、お正月や成人式で着物に合わせることもあるので、自分で好きなものを作ることが出来れば、それはそれでいいことだと言えるでしょう。
入れ物として扱う人もいますが、デザインや設計時に工夫をするとランチョンマットと併用して使えるタイプもあるようです。
お弁当の時間にランチョンマット替わりに出来るのは、とても良いデザインや設計です。
自分だけのものとすぐに分かるので、「自分専用」に自作してみるのもいいでしょう。
持ち歩きしやすいサイズで自作すれば、普段使いも出来るのでおすすめです。

巾着,オリジナルに関する情報サイト
オリジナル巾着の情報サイト

オリジナル巾着をオーダー出来るサービスの人気が上がり、企業やアニメキャラクターを印刷したモデルなど、販売や記念グッズとして取り扱われるようになりました。以前ならばバンダナやTシャツが定番でしたが、現在はインターネットショップなどを中心に、幅広いグッズを作れるようになっております。 デザインプランをスキャンして取り込んで、専用ソフトで加工して出力するのです。現在のプリント機械は高性能なため、版下などを使わずにそのまま印刷出来る機械もあり、そのためにコスト的に安くグッズが作れるようになりました。

Search