世界に1つだけの巾着!初心者が知っておきたいオリジナル巾着についての情報を解説!

オリジナル巾着をオーダー出来るサービスの人気が上がり、企業やアニメキャラクターを印刷したモデルなど、販売や記念グッズとして取り扱われるようになりました。
以前ならばバンダナやTシャツが定番でしたが、現在はインターネットショップなどを中心に、幅広いグッズを作れるようになっております。
デザインプランをスキャンして取り込んで、専用ソフトで加工して出力するのです。
現在のプリント機械は高性能なため、版下などを使わずにそのまま印刷出来る機械もあり、そのためにコスト的に安くグッズが作れるようになりました。

世界に1つだけの巾着!初心者が知っておきたいオリジナル巾着についての情報を解説!

オリジナル巾着はノベルティや販売などで人気です。
単体で使うのではなく、中に販促グッズなどを入れてお楽しみ袋のようにして販売も出来ます。
Tシャツやキーホルダーを入れたり、イベント当日のパンフレットを封入して販売するなどアイデアが広がることが特徴です。
初心者でも簡単にオーダーすることが可能で、ネットショップの解説文をチェックしたら、入力フォームに沿って進むだけでオーダーが可能です。
版権のないイラストや写真などをデジタルデーターで添付すれば、自分だけのオリジナルプリントの巾着が出来上がります。

巾着をオリジナルで作ると費用はどのくらいかかる?

昨今では、若い世代を中心に巾着袋が人気となっています。
もともとは和装スタイルのときに手荷物を入れるバッグとして活用をされていましたが、今では洋服と一緒に持つ方が少なくありません。
ノベルティー用品でも支持をされており、会社や学校では、麻・不織布を用いたオリジナル巾着を用意されるケースも目立ちます。
これからオリジナル巾着を作ろうと思われている方も少なくないでしょうが、簡単に必要となる費用をご紹介します。
1枚ではなく数百枚単位で発注をするのがノベルティーの基本なので、1枚単位の単価はとてもお安いです。
平均的な縦20センチ・横幅15センチの品だと、1枚あたり約20円です。
ただし、採用する素材によって費用は変わるので注意をしましょう。
ノベルティーであれば不織布がおすすめになります。
もしも耐久性をしっかりと高めたものを作りたいという場合は、麻素材がおすすめです。
こちらだと50円と少しお値段が高くなります。

巾着のオリジナル制作で要する日数

オリジナル製品というと、昨今では色んな企業や学校が品を用意するようになりました。
一種の集客アイテムという側面があり、ノベルティーと呼ばれています。
ペンやノートなどに企業名が入っているのがそれで、どなたでも一個や二個程度は持たれているでしょう。
以前は先述をしたように、文具が人気でした。
ところが今では日用雑貨が支持をされており、オリジナル巾着が高い人気です。
巾着の場合は印刷サービス会社が発注の窓口となるのがポイントです。
ここでは簡単に、これから初めて巾着をノベルティーで用意をしようという方に向けた、概要を解説していきます。
まず、巾着が完成するまでの日数は、約1週間です。
枚数にもよるのですが、現在ではオートメーション化をなされた工場でプリントをするため、毎日数多くの品を完成させることが可能です。
なお、100枚程度であれば、最短で翌日発送をなさるところもあります。
web注文だからこそはやいわけです。

お洒落な巾着のオリジナルデザイン例

記念品として手に入れられるアイテムはたくさんありますが、そのなかでも企業や学校名が記載されているものはどなたでも一個は手に入れているものです。
以前はノートやボールペンが主流でしたが、現在ではオリジナル巾着というスタイルのものに需要が移りました。
会社などでは自社のPRアイテムというスタイルで制作をされており、海外でもノベルティー製品という名目で用意をされています。
少しでもお洒落な巾着を用意して、インパクトを強く残したいと思われている方も大勢いらっしゃるものです。
そこでここでは、簡単にデザイン例をご紹介することにします。
幅広い年代に受け入れられているものは、モノトーンの巾着です。
白・黒で統一をしたものとなるため、持つ場所を選ばない点が支持をされます。
お子さんをターゲットにしている場合は、キャラクターイラストがあってカラフルなものがおすすめです。
さらに背中に背負える巾着にすれば、学校などにも持っていくことが可能です。

巾着をオリジナルで作る場合の最低個数

巾着をオリジナルで作る場合の最低個数は、1つから可能です。
もちろん数十・数百での出力が可能でイベントなどの催し物などに活用もでき、ボリュームディスカウントを適用されることもできます。
言い換えれば、1つで作るのは最も金額がかかるということは覚えておくと良いでしょう。
ただ1点ものとして自分のオリジナル者が作成できますし、印刷機のように「型」を作るのではなく出力する形式の者であればリーズナブルに対応も可能なサービスもあるためメリット・デメリットを把握して行うのが良い判断です。
巾着自体は汎用性が高く色々なシーンで使うことができるものなので、販促活動などに利用することもできます。
ちょっとしたお礼で合ったり、思い出に残るようなものを作るなども可能です。
たとえばイベント参加者に配布することで、集客を高めることも可能になるのです。
どのような目的で利用するかによって変幻自在になるという点が、最大の特徴かもしれません。

巾着,オリジナルに関する情報サイト
オリジナル巾着の情報サイト

オリジナル巾着をオーダー出来るサービスの人気が上がり、企業やアニメキャラクターを印刷したモデルなど、販売や記念グッズとして取り扱われるようになりました。以前ならばバンダナやTシャツが定番でしたが、現在はインターネットショップなどを中心に、幅広いグッズを作れるようになっております。 デザインプランをスキャンして取り込んで、専用ソフトで加工して出力するのです。現在のプリント機械は高性能なため、版下などを使わずにそのまま印刷出来る機械もあり、そのためにコスト的に安くグッズが作れるようになりました。

Search